同じ時間を

※こちらの作品は名前変換箇所がある小説です。
先にこちらで名前登録を行ってからお読み下さい。
※主人公は夢100の主人公(姫)という設定です。オリジナルの主人公ではないのでご注意下さい。ゲーム内で使用しているプレイヤー名の使用を推奨します。


ツヴァイと共に、彼が教える子ども達の答案をチェックするあなた。ふとツヴァイが笑い、不思議に思ったあなたが尋ねてみると……

あー、ツヴァイさん好きだなぁ、とつらつら妄想していた産物です。
こう言うふとした幸せというか、日常的な幸せというか、そう言うのがツヴァイさんには似合うなぁと。幸せになって欲しいです……。

read

拍手 ツイート