『電話をするかどうかで悩んでいるテル』

※こちらの作品は名前変換箇所がある小説です。
先にこちらで名前登録を行ってからお読み下さい。
※主人公は夢100の主人公(姫)という設定です。オリジナルの主人公ではないのでご注意下さい。ゲーム内で使用しているプレイヤー名の使用を推奨します。


電話を掛けようとしては、すぐに切ってしまうテル。たった一本の電話すらまともに掛けられないことにもどかしさを感じるが、あれこれと思考を巡らせている間に気付けば電話が繋がってしまい──

と言うお題を受けて。

read

拍手 ツイート